比較する | 保険の悩みは専門のプロに相談する~良い保険を探そう~

保険の悩みは専門のプロに相談する~良い保険を探そう~

比較する

自転車保険の加入が叫ばれる時代に

道路交通法では自転車は軽車両と位置づけられ、事故とくに対歩行者においては重い罰則が課されることがある。 たかが自転車と侮ってはいけない。過去に自転車に乗っていた子供が老人と衝突、転倒させ死亡させた事故で子供の親に1億円弱の賠償金が求められた判例もあるからだ。 このような判例があるにもかかわらず、未だに自転車保険に加入していない人は多く、そういう人はすぐにでも加入すべきであろう。 加入の際には必ず比較をすると思うのだが、その際には損害賠償の範囲に注意してもらいたい。先ほど述べたように死亡事故となる場合もありえるのでとかに対人においての保証額や保証範囲は最低限確認しておかないといけない。 求める保証の範囲を明確にして自転車保険を比較するのがいいだろう。

コンビニで簡単に申込み

自転車は小さな子供からお年寄りまで自動車よりさらに広い範囲の人が免許もなく乗ることができ、さらに持ち主以外も簡単に乗ることができるため、できる限り対象者の幅が広い自転車保険を選ぶことをお勧めする。 自転車保険自体は加入するのは簡単でコンビニやインターネット等ですぐに加入ができる。価格は年5000円程度のものが多く、インターネット経由で申込みをすると割引きされるキャンペーンがあったりと、自転車保険の比較の際に参考となることも多い。 もちろん保険の対象者が多くなれば多くなるほど保険額も上がっていくので、一人暮らしの人なら本人向け、家族で利用するなら家族向けと、自動車保険と同じように比較の対象となる保険を絞っていけばいいだろう。 自転車も走る凶器となりうるので、もしもの時の備えとして自転車保険は必要である。